フェリーで九州へ【名門大洋フェリー】旅話①

雑記

2023年12月に家族3人11日間、九州の旅を楽しみました。

今回は、フェリーってめっちゃわくわくする!って言う話です。

大阪南港まで車、そこから車ごとフェリーに乗って

福岡県の北九州市へ。帰りは同じルートで大阪に戻りました。

カーフェリーの最大のメリットはなんといっても「寝て起きたら目的地に着く」ですよね!

名門大洋フェリーは、大阪南港-福岡新門司の航路を

1便と2便のダイヤで運行する船です。

船の中とは思えないホテルのような煌びやかな内装に、大浴場、展望デッキ、売店とわくわく感満載の船旅をご紹介します!(煌びやかな写真、一切撮れてないけど!)

フェリーふくおかのファーストB

フェリーふくおかとは、船の名前です。フェリーきょうとという同じ仕様の船も走っています。(船って走るって言うんか?)

「フェリーふくおか」のファーストBです。

ベッドと敷布団が用意されている和洋室です。

テレビ、テーブル、ケトル、洗面台も部屋にあります。

地上波が映るほか、船の現在地も見られます。

船の中には大きなレストランがあり、夜と朝にバイキングを楽しむことができます。(別料金)

今回はあらかじめ自宅近所で調達しておいた、ほっともっとのお弁当を部屋で食べました。

エントランスフロアの自販機コーナーには、電子レンジ(2台)があるので

温め直したお弁当が食べられます。

2便は19時50分大阪南港発、夜のうちに明石海峡大橋、瀬戸大橋、来島海峡大橋をくぐって、翌朝8時30分に福岡の新門司に到着です。

フェリーふくおかのツーリスト

九州でたくさん遊びました。名門大洋フェリーに乗って大阪に帰りましょう。

大きな船は、暗闇で見ると一層の圧を感じます。

奮発して、船内の自販機でアイスクリームを買いました。

普段とは異なる雰囲気に、財布の紐も緩みます。

帰りに利用したツーリストをご紹介します。

ツーリストとは、名門大洋フェリーで言う“カプセルベッドタイプの相部屋”です。入り口が上段・下段で互い違いになっており、プライベートな空間をお手頃価格で手に入れることができます。

清潔な寝具。

枕元は、簡易な網棚とドリンクホルダー、ライト、コンセントが1つ。一泊に充分な設備です。

足元に荷物や衣類を置ける棚と、サイドにハンガーフックが2つついています。

ベッドの外側には、トランク置き場とタオルが一枚かけられるバーも!

夜、風呂やシャワーに入って使ったタオルは、ここにかけておけば一晩で乾きます。

大晦日から元旦にかけて乗ったので、鏡開きの催しがありました。

たくさんの人が囲っていて、その姿は一切見えなかったですが雰囲気は味えてよかったです。

なんか歳をとればとるほど、自分の中の“お正月感”が薄れている気がします。

朝はレストランのバイキング(正月仕様)を楽しんで下船しました。

朝、レストランから見えた明石海峡大橋。

船の旅は魅力たっぷりです。気になった方はぜひ!

 

 

タイトルとURLをコピーしました