【宮崎県】高千穂へ行ってきた 旅話③

雑記

大分県竹田市を出発。宮崎県の高千穂を目指します。

高千穂峡

国の名勝・天然記念物に指定されている峡谷

太古の昔、阿蘇山の火山活動によって噴出した火砕流が冷え固まり侵食された断崖がそそり立つ峡谷で、高いところで100m、 平均80mの断崖が東西に約7キロに渡って続いており、昭和9年には「五箇瀬川峡谷」として国の名勝・天然記念物に、 昭和40年には祖母傾国定公園の一部に指定されています。
峡谷内には日本の滝百選に指定されている名瀑「真名井の滝」があり、高千穂峡のシンボルとなっています。観光協会HPより

さっそく貸しボートに乗ってみましょう!

1艇(定員3名)、5,100円で借りられます。

ライフジャケットみたいなやつを腰につけてから、ボートに乗り込みます。

簡単に漕ぎ方を教えてもらったら、いざ!

必死にボート漕いで、景色見てたら30分て思ったより短いです。

日本の滝百選に指定された「真名井の滝」

日本の滝百選に指定されている名瀑。約17mの高さから水面に落ちる様は高千穂峡を象徴する風景です。 天孫降臨の際、この地に水がなかったので、 天村雲命(アメノムラクモノミコト)が水種を移した「天真名井」から湧き出る水が水源の滝と伝えられているそうです。

ボートで近くに寄れたのでよかったです。(操作が難しくて、危うく滝にぶっ込むかと思た)

ボートを降りて、上からのぞいてみました。晴れていていい景色です。

近隣も散策しました。

外国から観光客が多く、結構賑わっていました。(なんでその写真にした)

高千穂神社

高千穂峡からすぐそばの高千穂神社にもいきました。

こちらの神社の御利益は、縁結び・夫婦円満だそうです。

…お参りするとき、ご利益全然把握してなかった。今調べて知った。

 

神社近くの食堂で、チキン南蛮をお腹いおっぱい食べて

次は鹿児島の昭和レトロマンションへレッツゴーです!

今回は、宮崎県の大自然を満喫した話でした。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました